青木かがりの自己紹介

  • HOME »
  • 青木かがりの自己紹介

青木かがり写真高校生の頃は動物に関わりながら人の役に立つ仕事がしたいと思い、畜産業を学ぶために岩手大学農学部に入学しました。たまたま入ったスキューバダイビングサークルで、ホエールウォッチングに行き初めてクジラを見たことが私の人生の転機になりました。「何でこんなに大きな生き物が地球上にいるんだ!」と衝撃を受け、クジラやイルカのことをもっと知りたいと思いました。それから大学を休学し、高知県土佐市宇佐のホエールウォッチング業者の元で働かせてもらいながら、毎日のようにクジラやイルカを探しに行きました。興味はつきることなく、岩手大学から高知大学栽培漁業学科に転学し、水産業を学びながらクジラを見に行きました。高知大学にはクジラを専門とする先生はいなかったので、稚仔魚を研究している先生に無理矢理頼み込み、卒業論文では土佐湾の鯨類の分布について調べました。もっとクジラやイルカのことを学びたいと思い、鯨類を専門とする先生のいる東京大学大学院に入学しました。大学院を修了した後もずっと、イルカやクジラを追いかけています。日本では小笠原諸島、国外ではノルウェー、アイスランド、北極圏などに行って、深く潜ることで有名なマッコウクジラやゴンドウクジラの潜水行動や社会行動をバイオロギングで調べています。バイオロギングで分かった動物達の新たな行動や生態、その魅力を伝えていきたいと思います。

 

問い合わせ
PAGETOP
Copyright © bio-logging.jp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.