佐藤克文の自己紹介

  • HOME »
  • 佐藤克文の自己紹介

佐藤小学校の時に始めた釣りがきっかけで淡水魚飼育にはまり、マンガをきっかけに魚の世界にのめり込み、魚博士になるつもりで京都大学農学部水産学科に入学しました。そのまま京都大学大学院の修士課程、そして博士課程へと進学し、魚ではなく、なぜかウミガメの研究で博士号を取りました。国立極地研究所で博士研究員として過ごした後、助手になりました。毎年のように南極に行った10年間、ペンギンやアザラシの研究を進めました。2004年に東京大学大気海洋研究所に准教授として移籍し、現在、大気海洋研究所行動生態計測分野の教授を務めています。研究室に所属する博士研究員や大学院生らと共に、岩手県大槌町周辺のウミガメやオオミズナギドリをはじめ、国内外のありとあらゆる場所で、魚類・爬虫類・鳥類・哺乳類を対象とした行動生態学を進めています。

 

問い合わせ
PAGETOP
Copyright © bio-logging.jp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.