深海までもぐるマンボウ

  • HOME »
  • 深海までもぐるマンボウ

マンボウ-1マンボウにカメラを装着して餌取り行動を記録すると、海面と深い所を往復しながら、深い所で主にクダクラゲと呼ばれる群体クラゲを食べていることがわかりました。また、クラゲ全部ではなくカロリーの多い部分だけを好んで食べていることがわかりました。マンボウの体温を測ってみると、深い所でクラゲを食べている間に体温が下がり、海面に戻ると体温が回復していました。このことから、マンボウが海面に浮いているのは、深い所で冷えた身体を温めるためだということがわかりました。

 

 

Nakamura, Goto and Sato (2015) Ocean sunfish rewarm at the surface after deep excursions to forage for siphonophores. Journal of Animal Ecology 84:590-603.

「野生動物は何を見ているのか」3章、中村乙水、丸善プラネット

 

問い合わせ
PAGETOP
Copyright © bio-logging.jp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.